ミカルディスプラスと錠剤の画像

ミカルディスは高血圧に使われるお薬でアンジオテンシン受容体拮抗薬と呼ばれる種類に分類。ミカルディスの効果や副作用、アンジオテンシンとはなんなのか?等気になることは全部網羅できるサイトを目指していますので是非参考にしてみてください。

ミカルディス・ラシックス併用で頭が痛いと感じる際は

日本では近年食生活の欧米化によって生活習慣病患者が増加してきています。生活習慣病の代表例として高血圧症が挙げられます。血圧140/90mmHg以上は高血圧症と診断されますが、これを超えると早い段階から薬物療法が実施されます。これは高血圧状態を放置すると、後に脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患、心筋梗塞、心不全などの心疾患、腎機能障害など重大な病気につながってしまうためです。
その薬物療法で使用される代表的治療薬がミカルディスです。ミカルディスはARB(アンギオテンシンレセプターブロッカー)に分類される薬剤です。これは循環機能の調整を行う体内物質アンギオテンシンの作用を阻害することで血管を拡張させ、さらに循環血液量を減少させることで血圧を下降させます。ミカルディスなどのARBは血圧を下降させる他に動脈硬化の予防効果や心臓や腎臓の保護作用に優れていると言われています。そういった理由からARBは高血圧治療の早期から積極的に使用されるケースが多いです。
ミカルディスとラシックスの併用に関してですが、ラシックスはループ利尿薬と呼ばれる薬剤です。強力な利尿作用から心不全における心臓の負荷低減や血圧低下、むくみの抑制などに使用されます。ミカルディスも前述の通り心臓の保護作用があるため心不全患者にも広く使用されていますが、ミカルディスとラシックスの併用は問題はありません。ただし両者ともに血清カリウム値に影響を与えるため、血清カリウム値のモニタリングが重要となります。
ミカルディス服用中に頭が痛いと感じることに関してですが、ミカルディスは前述の通り血管拡張作用があり、血管が拡張することで脳組織が圧迫され、頭が痛いと感じることがあります。その他、脳血管疾患によっても頭が痛いと感じることがあるので、重大な病気ではないか検査をする必要があるでしょう。