ミカルディスプラスと錠剤の画像

ミカルディスは高血圧に使われるお薬でアンジオテンシン受容体拮抗薬と呼ばれる種類に分類。ミカルディスの効果や副作用、アンジオテンシンとはなんなのか?等気になることは全部網羅できるサイトを目指していますので是非参考にしてみてください。

血圧上昇を抑制したいときはミカルディスやテープを

40代になると、高血圧になる方が増えるので、塩分や糖分、脂肪分などの摂り過ぎに注意し、血液の流れを良くする必要があります。
血液の循環が悪くなると、血圧が上昇して立ちくらみやめまい、頭痛、吐き気などの症状が起こることがありますし、さらに進行すると、脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい病気になる可能性もあるので注意しなければなりません。
普段の食生活を見直し、喫煙やアルコールの摂取を控えれば、血圧の上昇を抑制できますが、思うように下がらない場合は、病院へ行って、ミカルディスなどの薬を処方してもらうようにしてください。
ミカルディスには、血圧上昇にかかわる物質の働きを抑制する効果があるので、定期的に飲むだけで、高血圧症を改善することが出来ます。
重い肝臓病や腎臓病の人には使えないので、まずはお医者さんの診察を受けることから始めましょう。
ミカルディス以外にも、血圧を下げる薬はたくさんありますが、近年はビソノテープという、降圧薬ビソプロロールのテープ剤も登場しています。
これは世界初のβ1遮断薬テープ剤で、若い方の高血圧症や労作性狭心症、心筋梗塞後などに効果があり、血圧上昇を抑制することが出来ます。
テープ製剤なので、経口投与が出来ない患者にも使用できますし、国内の臨床試験でも高い成果を得ていますから、誰でも安心して使用できます。
貼るだけで効果がありますし、24時間の血圧コントロールが出来るので便利ですが、皮膚の弱い人が同じ部分に貼り付けると、肌荒れなどを起こすので、毎回貼り付け場所を変えなくてはなりません。
それ以外では特に大きな副作用のない薬なので、詳しいことを知りたいときは、お医者さんや薬剤師に尋ねるようにしましょう。